残業代について

弁護士の大和田です。

 

今日は,残業代についてお話しさせていただきます。

 

インターネットなどで,「残業代」などと検索すると,「残業代は自分で取り返せる!」というようなページを見かけることがよくあります。

 

しかし,残業代の計算は一見単純なようですが,やはり,労働法令の正確な理解がなければ,その算定は困難です。

 

例えば,残業代の算定にあたっては,まずは基礎時給額を計算しなければなりません。

しかし,その時給を計算するにあったって,給与明細に記載された金銭のうち,どこまで組み入れることができるかは,労働基準法の規則にまでさかのぼって検討する必要があります。

 

このように,残業代の計算は,その入り口から法的な知識が要求され,一般の方が計算するのは大変苦労されると思います(苦心して計算した結果,誤っている可能性も高いと思います)。

ですから,「残業代は自分で取り返せる!」というような記載を見ると,それは言い過ぎだろうというのが率直な感想です。

 

残業代請求について弁護士に依頼するか,一番悩ましいのは費用の点だと思いますが,当事務所では証拠の収集状況や事案の難易度によって,報酬を変動させており,依頼者様の負担がなるべく少なくなるように努めております。

 

残業代請求でお悩みの方,まずはお気軽にご相談下さい。

残業代請求の時効は2年です。お早目の相談をお待ちしております。

関連記事

事務所案内

高田知己法律事務所の地図
〒300-0043 茨城県土浦市中央1-13-3 大国亀城公園ハイツ101号 029-826-5286(代表) 029-835-3115(相談ご予約専用)
詳細はこちらから

当事務所の料金規定
  スタッフブログ
ページ上部へ戻る