「人身傷害保険について」

弁護士の小沼です。

今回は,自動車保険における人身傷害保険特約についてご説明いたします。

 

1 人身傷害保険とは

人身傷害保険は,自動車の任意保険に加入する際,特約として選択可能となっている場合が多い保険です。同特約により,交通事故による自身の負傷による損害について,自身の加入している保険会社から一定額の補償を受けることが可能となります。

 

2 利点

例えば,加害者が自賠責保険のみに加入しており,任意保険に加入していない場合には,当然ながら相手方保険会社より賠償を受けることができません。加害者の資力が十分であれば問題は少ないでしょうが,加害者の資力が不十分な場合には,自賠責以上の補償を誰もしてくれないという状況が生じえます。また,双方過失責任のある事故の場合,相手方賠償金は,全損害の相手方過失分しか支払われません。このような場合に,人身傷害保険特約を付加しておく意味が出てきます。

 

3 賠償額

相手方保険会社に損害の賠償を請求する場合でも,自身の加入する人身傷害保険からの補償を先行させたうえで,不足額を請求する方が,全体として受け取れる金額が多くなる場合があります。人身傷害保険は過失割合に関係なく支払われるため,自身の過失割合部分につき,人身傷害保険の補償を受けたうえで,残額を相手方に請求することになるためです。過失負担を求められた場合でも,この方法で賠償額の100%を回収している事例があります。

 

4 まとめ

人身傷害保険特約を付加する場合には,月々の保険料があがってしまうというデメリットはあります。しかし,交通事故は加害者を選べるわけではありません。加害者が任意保険に加入していなかったり,資力に乏しかったりすると,賠償額が不十分となることも予想されます。状況によっては,過失割合が生じてしまう場合もあります。もしもの場合に備えて,加入を検討してみるのもよいかもしれません。

以 上

関連記事

事務所案内

高田知己法律事務所の地図
〒300-0043 茨城県土浦市中央1-13-3 大国亀城公園ハイツ101号 029-826-5286(代表) 029-835-3115(相談ご予約専用)
詳細はこちらから

当事務所の料金規定
  スタッフブログ
ページ上部へ戻る